私の宝箱

”あばの家構想”が動き始めました。

私の最終ゴールと位置づけしている者です。

abahouse

皆様に紹介してみます。

「あばの家構想」が始まりました。 表札は「あばの家」です。

場所:会津美里町大字八木沢字吉原3966-1

IMAG0222

ゆっくりゆっくり始まります。

 

 

「あばの家」をつくる意味

  高齢化社会の今日、一人暮らしや夫婦二人だけの暮らしをしている方々がたくさんいらっしゃいます。そんな中で、体調を崩して、一人では暮らせなくなり、入院をしたり、介護施設に入居したりという選択を余儀なくされている方々も少なくありません。ご本人はこれで満足しているのかというと、そうとは言えない状況もあるようです。赤の他人の中で、24時間神経を使わなくてはならない生活は、やはり想像以上に辛いものだということなのでしょう。

  人間、齢を重ねて体が弱くなると、昔の生活を思い出して寂しくなるのは当然です。

そんな時、今まで使っていた食器、タンスや鏡台などの家具、そして何より思い出のある部屋は、一番心が落ち着くものです。できるなら、今まで暮らしてきた家に住み続けたい。

そのために、高齢者向きの家に改築したい。でも、「年金暮らしだから、お金が不足して、経済的に無理。」という話をよく聞きます。健康的な時は、深刻にとらえなかったことでも、体調を崩したり、弱気になると、何もかも不安(マイナス思考)になるのは、誰でも同じではないでしょうか。その一方、今、現在は健康で、何不自由なく暮しているのだけれど、「いつかは俺も入院か、一人暮らしか。」と将来を心配するあまり、大きなストレスを抱え込んでいる方がいらっしゃるのも事実です。

 今、私は、幼かったときの金山地方での暮らしぶりを思い出しています。早朝の風景として強く残っているのは、田畑で仕事をしている人々の姿です。畑では、草むしりや野菜を収穫している人がいる。田んぼでは、あぜ道の草刈りをしている人、育った稲の中に入り、背の高くなった雑草を引き抜いている人たちが大勢見える。そして、うさぎやヤギにあげるクローバーや雑草を抱えて走っている子どもたちの姿も…。家の周りには、背を丸くして草むしりしているおばあちゃん、鉢巻きして薪を割っているおじいちゃん。泣き出した赤ん坊をおんぶして畑に向かって走っていくお姉ちゃん。(きっと、赤ちゃんはお腹すかせてお乳をほしがっているんだよ。早くお母さんの  ところに行ってあげな!)仕事をしながら、みんなが見守っていました。朝のちょっとした場面です。そして、「○○あねい(姉)いっかよ?」と言いながら、お互いが気軽に近所の家を行ったり来たりもしていました。お茶を飲みながら、「隣の猫が死んだ。」などとたわいもないことから、わが家の自慢話、時には嫁の悪口(?)など、楽しい、辛いといった特別な話題でなくても、日常的なささいな会話をみんなが楽しんでいたように思います。そして、だれもが、地域の中で他と関わり合いながら、自分の役割を当り前のように平然とこなしている姿がそこにはありました。そんな平凡な毎日の中、自然体で一日を過ごす。これが本来の至福の生活なのかもしれません。

 生まれてから最後を閉じる時まで人は一人では生きられないし、仲間と触れ合わなければ生きていけないということはだれしもがわかってることです。しかし、高齢になったとき、否応なしに一人暮らしや介護施設で共同生活をしなければならないという現実に向き合わされた時がきます。

 「あばの家」では、赤ちゃんから高齢者までの姿がいつも一緒に目に入ってくるような風景が見える。そんな自然な暮らし方を考えています。「あった会」は、自分の啓発のために勉強をしてきましたが、これまでやってきた中で、「あばの家」構想(絵)の風景を描けるのではないかとメンバー同士で話し合っています。まずは、メンバーの仲間から、「おはようございます。今日もここを造りますよ。」と軽やかに楽しそうに働く。その延長に「あばの家」の風景があり、大勢の方々と幸せを共有できていくのだと私は確信しています。

 

「あばの家」と命名した私の想い

 

叔母の養子として育ててもらった私は、やっと言葉を話すようになったころ、母を「あばと呼んでいました。青森県や秋田県出身の人が多い環境だったので、もしかするとそちらの方言を真似たのかもしれません。少し大きくなってから、なぜ「あば」なのか、よく周りの大人たちから尋ねられたものですが、自分自身でもわからずじまいです。でも、「あば」と母を呼ぶと、いつもにこにこした笑顔が返ってきたことだけは今でもはっきりと覚えています。「あば」は私にとって至福感なのです。

「あばの家」は、幸せあふれる家づくりを目指す私のゴール地点です。

 

あった会 便り (運のいい生き方」

運のいいい生き方されている人が少ないような気がする。

こんなこと言ってる私が一番運が悪いと言われことが多いのも事実ですね。

 

岩渕背景なしのコピー

 

250927 b4からA4縮小 運のいい生き方

赤いドレス

赤いドレス

タンスにかかった真っ赤なドレス。

死を待つ母が着古した地味な服の中で、それは、赤く開いた傷口のようだった。

家族からの知らせに私はかけつけた。横たわった母を見ると、もう長くはないことを知った。

タンスの真っ赤なドレスに気づいて、「母さん、きれいなドレスね。でも、着たのを見たことがないわ」と言った。

「一度も着たことがなかったもの………」と母はゆっくり答えた。

「ミリー、お座リ。母さんは死ぬ前に、言っておきたいことが二、三あるんだよ」

私は母のベッドのそばに座った。母は、深い深いため息をついた。「お迎えが近づくとね、いろんなことがわかってくるんだ。お前にいろいろ教えてきたよね。でも、みんな間違いばかりだった」

「どういうことなの、母さん?」「つまりね、母さんはずっと、思い違いをしてたってことなんだよ。良い女性とは、自分のことを先に考えないものだってね。何をしても、いつも人のためばかり。あれをしても、これをしても、いつも人の世話ばかり。自分のことは、いつも一番後まわしなんだからね」

「そして自分の番が、いつかやってくるだろうって思っている。でも、もちろん、やってきやしない。母さんの人生はずっとこうだった。いつも父さんのため、息子のため、お前の妹たちのため、そしてお前のためってぐあいにね………」

「でも…母さんは、母親としてできるだけのことをしてくれたじゃないの」「ああ、私のかわいいミリー! それではいけなかったのよ。お前たちのためにも、そして父さんのためにもね。

わからないのかい? 母さんがしてきたことは、ちっともお前たちのためになってやしないのだよ。自分のために何かを欲しいなんて、言ったことがなかったもの…」

「父さんが隣の部屋にいるけれど、途方にくれて、ただ壁を見つめているだけ。

お医者さんに母さんのことを言われて、ショックだったのね。

ベッドのそばに来ても、私のことじゃなく、自分のことばかり心配しているんだから。

『死ぬんじゃないぞ! 聞こえるか? この先、わしはどうなってしまうんだ!?』ってね」

『この先、どうなるか』ですって? そりゃあ、きっと大変でしょうね。

フライパンだって自分ひとりじゃ見つけられないんだからね」

「それに、子どものお前たちだって…母さん、いつも、どこでも、お前たちから使われっぱなしだった。毎朝、まっ先に起きるのも私だったし、毎晩、一番あとに寝るのも私だった。こげたトーストを食べたのも、一番小さいパイを取ったのも、いつも私だった」

「それに、お前の兄さんたちときたら…あの子たちのお嫁さんの扱い方には、まったく気分が悪くなるよ。

何てことだ! あんな風に教えてしまったのは、この私なのだから。

あの子たちは、女なんて、人の世話をするためにだけ生きてるって、思っているんだからね」「まったく、私は今まで何をしてきたんだろう!?

ほんのわずかのお金だって節約して、お前たちの洋服だとか、本だとかにあててきた。

そんな必要がないときでもね。

街に買い物に出かけて、きれいなものを自分のために買ったことなんか、まるで思い出せやしない」「後にも先にも、去年あの赤いドレスを買ったきり。その日、母さんは手に二〇ドルもっていた。何に使うか特に決めていなかったのだけど、とりあえず洗濯機の支払いにでもあてようかと出かけたのさ。それがなぜだか、家に帰るときは大きな洋服箱に変わっていた。

そのときの、父さんの嫌味ときたらなかったさ。

『そんなもの着て、どこに行くつもりなんだ。オペラにでも行くのかい!?』でも、父さんの言う通りだったかもしれない。

買った店で一回着たきりだもの……」「ああ、ミリー! 母さんはね、この世で何も望まなければ、あの世でなんでも手に入るって、いつも思っていたんだよ。でも、もうそんなことは信じてない。

私たちが、今ここで欲しいものを手に入れることこそ、神の望まれていることだって、考えるようになったんだよ」

「ミリー、よくお聞き。もし、今奇跡が起きて母さんが元気になって、このベッドからいなくなったとしても、お前は私を見つけることができないだろうよ。なぜって、母さんはまるっきり違う女になってるからね」

「ああ!なぜこんなに長いあいだ、自分のことを後回しにしてきたんだろう!?」

いざ自分の番が来ても、どうしたらいいかわからないかもしれない。でも、そのうちコツを覚えるさ。ミリー、母さんはきっと変わってみせるからね」

タンスにかかった真っ赤なドレス。死を待つ母が着古した地味な服の中で、それは、赤く開いた傷口のようだった。

「ミリーや、母さんみたいにはならないって、約束しておくれ」それが、私への最期の言葉だった。

「母さん、約束するわ」母は安堵したかのように、息を大きく吸うと死の世界へ旅立っていった。

作者不明キャサリーン・コリンソン博士寄稿

憲法17条 (聖徳太子)

聖徳太子 憲法17条

  1. 一にいう。和をなによりも大切なものとし、いさかいをおこさぬことを根本としなさい。人はグループをつくりたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親のいうことにしたがわなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし上の者も下の者も協調・親睦(しんぼく)の気持ちをもって論議するなら、おのずからものごとの道理にかない、どんなことも成就(じょうじゅ)するものだ。
  1. 二にいう。あつく三宝(仏教)を信奉しなさい。3つの宝とは仏・法理・僧侶のことである。それは生命(いのち)ある者の最後のよりどころであり、すべての国の究極の規範である。どんな世の中でも、いかなる人でも、この法理をとうとばないことがあろうか。人ではなはだしくわるい者は少ない。よく教えるならば正道にしたがうものだ。ただ、それには仏の教えに依拠(いきょ)しなければ、何によってまがった心をただせるだろうか。
  1. 三にいう。王(天皇)の命令をうけたならば、かならず謹んでそれにしたがいなさい。君主はいわば天であり、臣下(しんか)は地にあたる。天が地をおおい、地が天をのせている。かくして四季がただしくめぐりゆき、万物の気がかよう。それが逆に地が天をおおうとすれば、こうしたととのった秩序は破壊されてしまう。そういうわけで、君主がいうことに臣下はしたがえ。上の者がおこなうところ、下の者はそれにならうものだ。ゆえに王(天皇)の命令をうけたならば、かならず謹んでそれにしたがえ。謹んでしたがわなければ、やがて国家社会の和は自滅してゆくことだろう。
  1. 四にいう。政府高官や一般官吏(かんり)たちは、礼の精神を根本にもちなさい。人民をおさめる基本は、かならず礼にある。上が礼法にかなっていないときは下の秩序はみだれ、下の者が礼法にかなわなければ、かならず罪をおかす者が出てくる。それだから、三にいう。王(天皇)の命令をうけたならば、かならず謹んでそれにしたがいなさい。君主はいわば天であり、臣下は地にあたる。天が地をおおい、地が天をのせている。かくして四季がただしくめぐりゆき、万物の気がかよう。それが逆に地が天をおおうとすれば、こうしたととのった秩序は破壊されてしまう。そういうわけで、君主がいうことに臣下はしたがえ。上の者がおこなうところ、下の者はそれにならうものだ。ゆえに王(天皇)の命令をうけたならば、かならず謹んでそれにしたがえ。謹んでしたがわなければ、やがて国家社会の和は自滅してゆくことだろう。群臣(ぐんしん)たちに礼法がたもたれているときは社会の秩序もみだれず、庶民たちに礼があれば国全体として自然におさまるものだ。
  1. 五にいう。官吏たちは饗応(きょうおう)や財物への欲望をすて、訴訟を厳正に審査しなさい。庶民の訴えは、1日に1000件もある。1日でもそうなら、年を重ねたらどうなろうか。このごろの訴訟にたずさわる者たちは、賄賂(わいろ)をえることが常識となり、賄賂(わいろ)をみてからその申し立てを聞いている。すなわち裕福な者の訴えは石を水中になげこむようにたやすくうけいれられるのに、貧乏な者の訴えは水を石になげこむようなもので容易に聞きいれてもらえない。このため貧乏な者たちはどうしたらよいかわからずにいる。そうしたことは官吏としての道にそむくことである。
  1. 六にいう。悪をこらしめて善をすすめるのは、古くからのよいしきたりである。そこで人の善行はかくすことなく、悪行をみたらかならずただしなさい。へつらいあざむく者は、国家をくつがえす効果ある武器であり、人民をほろぼすするどい剣である。またこびへつらう者は、上にはこのんで下の者の過失をいいつけ、下にむかうと上の者の過失を誹謗(ひぼう)するものだ。これらの人たちは君主に忠義心がなく、人民に対する仁徳ももっていない。これは国家の大きな乱れのもととなる。
  1. 七にいう。人にはそれぞれの任務がある。それにあたっては職務内容を忠実に履行し、権限を乱用してはならない。賢明な人物が任にあるときはほめる声がおこる。よこしまな者がその任につけば、災いや戦乱が充満する。世の中には、生まれながらにすべてを知りつくしている人はまれで、よくよく心がけて聖人になっていくものだ。事柄の大小にかかわらず、適任の人を得られればかならずおさまる。時代の動きの緩急に関係なく、賢者が出れば豊かにのびやかな世の中になる。これによって国家は長く命脈をたもち、あやうくならない。だから、いにしえの聖王は官職に適した人をもとめるが、人のために官職(かんしょく)をもうけたりはしなかった。
  1. 八にいう。官吏たちは、早くから出仕し、夕方おそくなってから退出しなさい。公務はうかうかできないものだ。一日じゅうかけてもすべて終えてしまうことがむずかしい。したがって、おそく出仕したのでは緊急の用に間にあわないし、はやく退出したのではかならず仕事をしのこしてしまう。
  1. 九にいう。真心は人の道の根本である。何事にも真心がなければいけない。事の善し悪しや成否は、すべて真心のあるなしにかかっている。官吏たちに真心があるならば、何事も達成できるだろう。群臣に真心がないなら、どんなこともみな失敗するだろう。
  1. 十にいう。心の中の憤りをなくし、憤りを表情にださぬようにし、ほかの人が自分とことなったことをしても怒ってはならない。人それぞれに考えがあり、それぞれに自分がこれだと思うことがある。相手がこれこそといっても自分はよくないと思うし、自分がこれこそと思っても相手はよくないとする。自分はかならず聖人で、相手がかならず愚かだというわけではない。皆ともに凡人なのだ。そもそもこれがよいとかよくないとか、だれがさだめうるのだろう。おたがいだれも賢くもあり愚かでもある。それは耳輪(みみわ)には端がないようなものだ。こういうわけで、相手がいきどおっていたら、むしろ自分に間違いがあるのではないかとおそれなさい。自分ではこれだと思っても、みんなの意見にしたがって行動しなさい。
  1. 十一にいう。官吏たちの功績・過失をよくみて、それにみあう賞罰をかならずおこないなさい。近頃の褒賞(ほうしょう)はかならずしも功績によらず、懲罰は罪によらない。指導的な立場で政務にあたっている官吏たちは、賞罰を適正かつ明確におこなうべきである
  1. 十二にいう。国司・国造は勝手に人民から税をとってはならない。国に2人の君主はなく、人民にとって2人の主人などいない。国内のすべての人民にとって、王(天皇)だけが主人である。役所の官吏は任命されて政務にあたっているのであって、みな王の臣下である。どうして公的な徴税といっしょに、人民から私的な徴税をしてよいものか。
  1. 十三にいう。いろいろな官職に任じられた者たちは、前任者と同じように職掌を熟知するようにしなさい。病気や出張などで職務にいない場合もあろう。しかし政務をとれるときにはなじんで、前々より熟知していたかのようにしなさい。前のことなどは自分は知らないといって、公務を停滞させてはならない。
  1. 十四にいう。官吏たちは、嫉妬の気持ちをもってはならない。自分がまず相手を嫉妬すれば、相手もまた自分を嫉妬する。嫉妬の憂いははてしない。それゆえに、自分より英知がすぐれている人がいるとよろこばず、才能がまさっていると思えば嫉妬する。それでは500年たっても賢者にあうことはできず、1000年の間に1人の聖人の出現を期待することすら困難である。聖人・賢者といわれるすぐれた人材がなくては国をおさめることはできない。
  1. 十五にいう。私心をすてて公務にむかうのは、臣たるものの道である。およそ人に私心があるとき、恨みの心がおきる。恨みがあれば、かならず不和が生じる。不和になれば私心で公務をとることとなり、結果としては公務の妨げをなす。恨みの心がおこってくれば、制度や法律をやぶる人も出てくる。第一条で「上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議しなさい」といっているのは、こういう心情からである。
  1. 十六にいう。人民を使役するにはその時期をよく考えてする、とは昔の人のよい教えである。だから冬(旧暦の10月~12月)に暇があるときに、人民を動員すればよい。春から秋までは、農耕・養蚕などに力をつくすべきときである。人民を使役してはいけない。人民が農耕をしなければ何を食べていけばよいのか。養蚕がなされなければ、何を着たらよいというのか。
  1. 十七にいう。ものごとはひとりで判断してはいけない。かならずみんなで論議して判断しなさい。ささいなことは、かならずしもみんなで論議しなくてもよい。ただ重大な事柄を論議するときは、判断をあやまることもあるかもしれない。そのときみんなで検討すれば、道理にかなう結論がえられよう。

味のある人間

一.味のある人間は塩からい汗や涙の中から生まれる。それはなやみや苦しみ不幸をとことんまでかみしめ消化しているからである。

ニ.味のある人間は時々馬鹿とまちがえられる。それは利害にこだわらず自分をぎせいのして人のためにつくすからである。

三.味のある人間は時々人にだまされる。それは人を疑わずニッコリ笑っているお人よしだからである。

四.味のある人間はめったにへこたれない。それは敗北の中から泥をつかんで立ち上がることを体験によって知っているからである。

五.味のある人間はそばに人が集まる。それは気楽に何でも聞いてくれ他人の痛みがわかる魅力の持主だからである。

六.味のある人間はつねに健康な体の持ち主である。それは常に心の中がゆたか で楽天的で心をくさらせることがないからである。

七.味のある人間は八百屋のように-たくさんの趣味の持主である。それは、すべてに心をかけていたわりの気持ちを持って万物を生かすからである。

民主主義の弊害

「就職戦線の一安定志向」が意味するもの

近年、大学生に就職先の希望を尋ねると、かなり多くの学生が公務員になることを希望しています。重ねてその理由を尋ねるとほとんどの学生が、雇用が安定していること、休日が多いこと、老後の手当てが充実していることを挙げます。

よくいえば彼らは堅実なのでしょうが、少し不安になるというのが正直なところです。

何かをなしたくて職業を求めるのではなく、安定した収入と休息、老後の保障を求めるというのでは、本末転倒しているのではないか、というのが私の考えです。しかし、多くの学生は、仕事に生きがいを求めるという考え方自体に拒絶反応を示します。仕事はそれなりにこなして、プライベートを充実させたいというのが彼らの目的のようです。

こうした生活の安定を志向する人々にとって理想ともいえるのがいわゆる「福祉国家」です。そこでは、税率が高めに設定される代わりに、老後の保障、雇用の保障などあらゆる面で国家が手厚い保障で国民生活を保護してくれます。国家に保護された状態の中で、国民一人一人がささやかな幸福を追求していくというのが、「福祉国家」の主張です。

こうしたぬるま湯のような状態を蛇蝸(へびかたつむり)のごとく忌(い)み嫌ったのがドイツの哲学者フリードリッヒーニーチェでした。ニーチェはこうしたマイホーム主義的、小市民的生き方に強烈な「否」を突きつけたのです。

ニーチェは、福祉国家の中で安住するような人々を「最後の人間」と名づけ、痛烈な批判を加えました。代表的著作の一つである『ツァラトゥストラ』において、ニーチェはもっとも軽蔑(けいべつ)すべき人間として「最後の人間」を挙げ、批判しました。

牧人のいない一個の畜群! 誰もが同じものを欲し、誰もが同じである。別様に感じる者は、みずから進んで精神病院に入るのだ。

実に辛辣(しんらつ)な批判といってよいでしょうが、福祉国家や大衆社会の真理の一面を端的に指摘したものです。福祉国家や大衆社会においては、平等こそが絶対的価値であるとされ、ほかから抜きんでようとする存在は、煙たがられ、時として傷つけられます。確かにそこに存在する人々の価値観は異なるものの、他者の考えを否定しようとまではしません。それほど自らの価値観に真剣ではないからです。

コーヒーが好きか、紅茶が好きなのかといった次元の価値観の相違であれば、多少の口論はするでしょうが、最後にはお互いにっこりとほほ笑みながら、互いの価値観を認め合うでしょう。こうした平等な人々同士からうらなる微温的(びおんてき)な空間にニーチェは耐えきれませんでした。

確かに一人一人の「生」は保障されているでしょうが、そうした「生」そのものにいかなる意味があり、価値があるというのでしょうか。ただ飼い馴らされた羊のごとく管理された状態の中で生き、死んでいくだけの人生に何の意味を見いだすことができるのか、とニーチェは激しく問いかけるのです。たった一人となる孤独を恐れずに、それでも猛々(たけだけ)しく高みを目指し続ける人間こそがニーチェの憧れであり、目的とする「超人」であったのです。

プラトンのことば
「自然に反したものはどんなものでも苦痛を与えられるが、老いとともに終局に向かうものは、おおよそ死の中でももっとも苦痛の少ないもの」